導入事例

株式会社松長鐵工様

会社名 株式会社松長鐵工
住所 宮崎県延岡市岡元町628番地9
業種 精密機械部品製造・加工 アーク溶射・加工
創業 昭和54年4月20日(1979年)
社員数 9名
HP https://matsunaga-t.jp/
株式会社松長鐵工様

株式会社松長鐵工様より、Listaのご活用の状況についてコメントをいただきました。

現在の具体的な活用方法

Lista(リスタ)利用風景。

加工現場にて、受注・納期・進捗を
確認している様子

受注が決まった時点で、加工図面や材料明細を「納期スケジュール」に入力・添付し、全社員へ情報を発信します。
当社は多品種少量での受注案件が多く、納期の重なる案件が数多くあります。そのため、各案件の優先順位を決め、各工程と連携しながら効率的に製作を進める必要があります。受注状況を全社員で共有できることで、安心感もあります。
「テーマ・課題管理」に「納期スケジュール」の情報をリンクできるところも気に入っています。
Listaは現在、加工現場・事務所でパソコン、検査部と社長にタブレット、個人はスマホで利用しています。
より良い環境で利用できるよう、今後、各部門にパソコン設置で対応していきたいと思います。

Listaを導入する前の状況

受注状況が明白でない上、同じ情報を共有できておらず、ミスが多くありました。
さらに納期遅れでお客様にご迷惑をかけることもあったため、システムの導入をするべきか悩んでいました。
とりあえずアナログな対策も行ってみましたが、煩わしくなり長続きしませんでした。ただ、高価なシステムを導入するとなると、十分に活用しきれない不安もあり、一向に解決できずにいました。

今回、Listaを導入する決め手になったのは、使いやすく、目的の操作が分かりやすいこと、当社のような小規模工場でも十分活用しやすい機能であること、また、安価であることから継続的に利用が可能であることです。

 

今後の活用や展望

検査現場にてListaを確認しながら
入力している様子

少人数の工場ですが、従業員とのコミュニケーションツールにも役立てたいです。
現在は日報の提出義務がないので、日報の機能を全従業員に日常化させていきたいと考えています。従業員の意見を取り入れられるよう、また、当社の改善点なども見つけ出していきたいです。

現在、「テーマ・課題管理」では、加工製品の進捗状況・工程管理に利用しています。今後データが蓄積されていきますので、検索機能があると、より効率的に使えると思います。