納期管理、工程管理、不良・歩留まり改善
製造業の業務見える化、情報共有ツール

製造業生産性向上FAQ

出張すると日報のチェックができず、工場への指示が遅れることがあります。

遠方へ出張や別の場所へ直行・直帰をすると、自社の工場へ出向くことができず、工場内で起こったさまざまな事象の確認ができなくなってしまいます。出張の前には状況をチェックし、不在時の動きをあらかじめ細かく指示するなど、準備に余念がないという方も少なくはないのではないでしょうか。

出張や外出先では細かい指示は出せなくても、一日の作業の様子や進捗などを見る、大まかな返答やコントロールをするだけでも改善が可能なケースがあります。

しかし、そのために電話を使ったり、その日だけメールやLINEを使った日報にするというのは、デメリットを伴うこともあります。

電話の場合

電話でその日の工場の日報の内容の説明を受けようとした場合、報告をする人と報告を受ける人が通話し合う時間帯を一致させる必要があります。

しかし、出張先では別途予定があったり、工場側も操業の関係上、時間をきっちり一致させて報告するのが難しいこともあるでしょう。

メールやLINEの場合

メールやLINEのようなツールの場合、日報の報告をする人と受ける人で、時間調整をする必要がないことがメリットです。日報を提出する人は一日が終わった時間で日報を送信すれば、受信する人は好きなタイミングで見ることができます。

しかし、LINEなどプライベートな連絡先は会社の人には伝えたくないという人も少なからずいます。また、その日だけメールやLINEで報告をすると、いつもやり取りしている日報とは分離してしまいます。後から日報を見返すと、その部分だけが欠けてしまうことになりかねません。


また、工場の日報も、会社の立派な文書のひとつです。場合によっては法律や取得されたISOの規定により、日報を廃棄せず、数年間保存する必要がある場合もあります。

この場合、紙やノートで日報を管理していると、保管場所を取るなどの問題が発生することもあります。

Listaの日報機能を活用してみましょう

Listaで日報をのやり取りを行うと、パソコンが無くても、スマートフォンがあればアクセスが可能になるので、日報の内容をどこにいても確認することができるようになります。

Listaで工場から日報が届いてくる様子。
Listaを使って日報が届いた様子。工場の方から続々と届いてリストになります。

Listaで工場の方々から日報を提出すると、提出した相手には上記のように届きます。

工場で動いている人の日報の中身。
日報の中身。工場で動いた人の具体的な内容が分かります。

日報の中身を確認することはもちろんですが、その内容について返信をつけたい場合もあるかと思います。Listaの日報は、単に日報を確認するだけでなく、返信をつけることでアドバイスや指摘をすることが可能です。

Listaの日報が承認されて返ってきた状態。
日報が承認されて返ってきた様子。指示やアドバイスが担当者も見れるようになります。

日報に記載した返信内容は、承認をすると、工場にいる担当者に日報が返却されます。担当者も承認の内容を確認することで、次のアクションに繋げることができるようになります。


日報を、クラウド上でやり取りすることにより、どこからでも確認し、指示することができるようになります。

また、クラウド上に日報があるので、倉庫などの場所に紙を置いておく必要もありません。さらに、過去の日報を振り返る必要が発生した場合は、検索機能を活用することで、迅速に目的の日報を見つけ出すことができます。

日報のような日々の情報をListaでやり取りすることに慣れることができれば、社外で工場の状況を把握したり、社外から指示を出すことも可能になります。